img_02

マイナンバーを管理するサービスが注目を集めています

マイナンバー制度が導入されて間もないですが、これにより各企業がマイナンバーの管理、保管などを責任を持って行う必要が出てきました。

業務的な対応や、法令対応、そしてリスク対応といった様々な事に対し、迅速に対応していかなければならない企業側にとって、慣れていないマイナンバーの扱いは非常に負担になるでしょう。

エキサイトニュースに関する情報をすばやく探せます。

そこで企業のマイナンバー対応を標準化できるサービスが今注目を集めています。



基本的な個人番号の収集、保管、そして利用や提供、廃棄までを適切に行い、生産性の向上やリスクマネジメントを担ってくれるというサービスです。まず、個人番号を収集する際において、各従業員が自分のスマートフォンから個人番号を提出したり、会社のパソコンから個人番号を提出するといった場合にも対応できます。

個人番号の収集にあたって、場所や時間に制限されないこと、さらに収集時に発生してしまうリスクや余分な業務量を軽減することが可能となります。


また、このサービスでは主にクラウド上で行われるものであり、自社内に保管するのではない為、漏えい等のリスクも少なくなる為安心です。セキュリティ面でもSSL暗号化データ通信を利用するほか、IDやパスワードの認証、電子証明書の認証などを用いて段階を踏んだ認証を行うことでより安全な番号保管と運用が可能になります。

その他、さまざまな基幹システムと連携が可能になりさまざまな部分で個人番号が利用可能となります。

マイナンバーのサービス情報について考えます。

これらのメリットから、今後はますますマイナンバーを管理するサービスを利用する企業が増えていくでしょう。