img_02

マイナンバー管理をアウトソーシング

マイナンバーの管理はアウトソーシングできます。


マイナンバーというのは国民に番号を付して税金の分野、社会保障の分野で利用して行政の業務効率や平等性を目的に実施されたものです。

これは行政だけが管理運用するものではありません。
税金や社会保険などは企業にも関係があるのでそれぞれの会社ではマイナンバーを管理運用しなければならなくなるのです。

しかし管理運用を行うためには個人情報にあたることと、番号法といった法律もあり、それらに従い利用範囲を明確にして行うことになります。


会社の場合は従業員が対象になります。



これはアルバイトやパートも含めて全員対象となります。


管理というのは収集から本人確認を行い、税金や社会保険に利用することになります。

例えば源泉徴収票に印字を行うといったことが必要になります。

収集、本人確認を行ったものはシステムに登録をして、退職した場合は抹消するなどの処理も必要になります。このように収集から本人確認、登録、抹消といった管理を行うために会社は人員を確保して管理する場所をきめてセキュリティ対策などを行う必要があります。



マイナンバーの管理にはコストや手間がかかることにもなり、会社としては管理レベルが低いとリスクにもなるのです。



このような場合はアウトソーシングをするという方法があります。

アウトソーシングはその業務を専門に行っていることでコストを抑え、専門的に取り扱うことで管理レベルを維持しているので安心して依頼することができます。